原水禁

核兵器廃絶に至るこれからの道 前広島市長・原水禁顧問 秋葉忠利「核兵器禁止条約」に関する動画を公開

2021年01月17日

核兵器廃絶に至るこれからの道 前広島市長・原水禁顧問 秋葉忠利「核兵器禁止条約」に関する動画を公開

 

 

バイデン政権が成立直後の1月22日、原水禁運動に関わる全ての人々が切望した「核兵器禁止条約」が成立します。

本来であれば、記念すべき「核兵器の終わり」の始まりとなる時を、皆様と対面する形で迎えていたはずです。

しかし、コロナ禍にあって、対面の形式でのイベントはかないませんので、オンラインで開催できるものを企画させていただきました。

 

第一弾として、1月12日にピースボート代表の湯浅一郎さんによる解説動画を公開いたしました。

第二弾として、「核兵器禁止条約」が発効する今、これから核兵器廃絶に至るまで、その目標を達成するまで何をすればいいのか、原水禁の顧問であり、前広島市長、数学者でもある秋葉忠利さんに解説していただきました。

学習会の教材・資料としての動画視聴も歓迎いたします。

ぜひ、ご視聴ください。

 

 

◆ 原水禁では、条約発効に際し「日米韓国際シンポジウム-核兵器禁止条約発効後の課題と展望-」を以下の通りオンラインで開催致します。

「日米韓国際シンポジウム-核兵器禁止条約発効後の課題と展望-」

(1)日時:2021年1月23日(土)10:00~12:00

(2)内容:

① 主催者あいさつ 川野浩一議長

② 連帯メッセージ マーシャル諸島から

③ 日米韓国際シンポジウム

(3)パネリスト

日  本:秋葉忠利さん(原水禁・顧問)

アメリカ:ケビン・マーティンさん(ピースアクション)

韓  国:イ・ヨンアさん(参与連帯)

コーディネーター:藤本泰成さん(原水禁・副議長)

(4)YouTube原水禁チャンネルにて、生配信いたします。

原水禁チャンネル https://www.youtube.com/channel/UCE9kPbD9CrNxSe9eF54nz3Q

 

「核兵器禁止条約」発効の意義と課題―今こそ、東北アジア非核兵器地帯を―湯浅一郎(ピースデポ代表)「核兵器禁止条約」に関する学習動画を公開

2021年01月12日

「核兵器禁止条約」発効の意義と課題―今こそ、東北アジア非核兵器地帯を―湯浅一郎(ピースデポ代表)

 

緊急事態宣言が発出されるなど、コロナ禍にあって、学習会などの開催が難しくなっています。

しかし、新STARTの延長交渉の難航、NPT再検討会議の延期など、核兵器をめぐる情勢は混乱を極めています。

その中で、原水禁運動に関わる全てのものが切望した「核兵器禁止条約」が2020年10月に批准50か国を達成し、本年1月22日に発効することとなりました。

国際法で「核兵器」が違法なものとされ、その存在の意義が問われます。また、「核兵器」という存在を、「核抑止」という理論で日本は安全保障の軸に据えています。

世界が核兵器廃絶へ向けて動き出した今、核保有国はどうするべきであるか、日本はどうあるべきであるかをピースデポ代表の湯浅一郎さんに解説していただきました。

学習会の教材・資料としての動画視聴も歓迎いたします。

ぜひ、ご視聴ください。

 

◆ 原水禁では、条約発効に際し「日米韓国際シンポジウム-核兵器禁止条約発効後の課題と展望-」を以下の通りオンラインで開催致します。

「日米韓国際シンポジウム-核兵器禁止条約発効後の課題と展望-」

(1)日時:2021年1月23日(土)10:00~12:00

(2)内容:

① 主催者あいさつ 川野浩一議長

② 連帯メッセージ マーシャル諸島から

③ 日米韓国際シンポジウム

(3)パネリスト

日  本:秋葉忠利さん(原水禁・顧問)

アメリカ:ケビン・マーティンさん(ピースアクション)

韓  国:イ・ヨンアさん(参与連帯)

コーディネーター:藤本泰成さん(原水禁・副議長)

(4)YouTube原水禁チャンネルにて、生配信いたします。

原水禁チャンネル https://www.youtube.com/channel/UCE9kPbD9CrNxSe9eF54nz3Q

 

4月25日オンライン集会(Online World Conference: Abolish Nuclear Weapons; Resist and Reverse the Climate Crisis; For Social and Economic Justice April 25,)

2020年05月20日

4月25日オンライン集会(Online World Conference: Abolish Nuclear Weapons;

Resist and Reverse the Climate Crisis; For Social and Economic Justice April 25,)

 

 

 2020年4月、開催予定だったNPT再検討会議は、新型コロナウイルス感染症の世界的な流行のため、2021年1月へと延期されることになりました

 NPT再検討会議の開催に併せて、世界の反核団体が、ニューヨークのリバーサイドチャーチで大規模な集会を行う予定でしたが、当然こちらも中止となりました。その代わりに、オンラインでのニューヨーク原水爆禁止世界大会を行いました。

 主催者団体を代表して、ジョセフ・ガーソンさんの挨拶から始まり、日本のヒバクシャ、反核医師の会や若者環境団体のスピーチが続きました。ヒバクシャ国際署名、貧困問題、中東の問題に関するスピーチののち、ITCUによるジェンダー問題と原水禁・連合・KAKKINによる三団体署名の紹介がされるなど、多岐にわたる問題が取り上げられました。オンライン集会の最後には、IPBから今後の展望をかたるスピーチののち、中満泉・国連軍縮担当上級代表が市民レベルでの反核平和の運動を歓迎する旨の挨拶をし、閉会となりました。

 

YouTubeにオンライン集会の動画が公開されています。

 https://www.youtube.com/watch?v=RKUYU6xefhQ

 併せて、NPT再検討会のサイドイベントとして、4月22日(現地時間)よりReaching Critical Willが主催のオンライン会議BRIEFING FROM GOVERNMENT OFFICIALS FOR CIVIL SOCIETY ONLY(市民社会のみの官公庁からのブリーフィング)も行われています。オンライン会議には、NPT再検討会議議長の他、参加国の大使が、世界を取り巻く核兵器の現状や各国の立場を中心にスピーチを行っています。

 また、Reaching Critical Willが中心となって声明が作られ、NPT締約国政府に世界のNGOが共同で声明を提出致しました。

 

声明のURLはこちら

https://www.reachingcriticalwill.org/images/documents/Disarmament-fora/npt/revcon2020/joint-ngo-statement_May2020.pdf

 

TOPに戻る