新着情報

6月23日「老朽原発動かすな!美浜原発3号機の再稼働反対緊急行動」のご紹介

6月23日「老朽原発動かすな!美浜原発3号機の再稼働反対緊急行動」が開催されます。  4月28日、杉本達治福井県知事は「40年超の老朽原発」である美浜原発3号機、高浜原発1・2号機の再稼働について同意しました。これを受け、関西電力は6月23日から美浜原発3号機を再稼働することを発表しています。 2011年の福島原発事故後、原発稼働期間は原則40年とする「40年ルール」がつくられましたが、原則はいとも簡単に反故にされてしまう第1歩が、今回の美浜原発3号機の再稼働と考えます。 この動きに対して、原水禁が事務局を担っている「さようなら原発1000万人アクション実行委員会」は

2021年06月21日

  被爆76周年原水爆禁止世界大会  討議資料(パンフレット)刊行のご案内

  被爆76周年原水爆禁止世界大会  討議資料(パンフレット)のご案内   規模の縮小にともない現地への参加者は限定されますが、今後の運動や来年の大会につなげる意味でも、最新の核兵器、原発、ヒバクシャの課題について理解・共有していただきたいと思います。大会討議資料では、原水禁大会で取り上げる課題の現状をコンパクトにまとめ、解説しています。ぜひ、ご活用をお願い致します。   A5サイズ、84頁  販売価格500円 送料別 『2021 核も戦争もない21世紀へ 核問題入門』原水禁・平和フォーラム 編   ◇ お申し込みはFAX(03-5289-8223

被爆76年原水爆禁止世界大会の開催について

2021年「被爆76周年原水爆禁止世界大会」を開催します 被爆から75年、2020年「被爆75周年原水爆禁止世界大会」は、新型コロナウイルス感染症拡大にともない、大会史上初めての完全オンライン開催となりました。 人類史上初の核爆弾投下から76年、2021年1月22日、核兵器を「国際人道・人権法」に反する「非人道兵器」であるとして核兵器の取り扱いを禁止する、核兵器禁止条約が発効しました。被爆者や核実験被害者、原水禁運動、世界の反核運動が、長年に渡り追い求めてきた核兵器廃絶への歴史的一歩を踏み出し、核兵器廃絶という希望へ大きく前進しました。しかし、米ロ対立、米中対立、アジアへの中距離ミサイル配

「核兵器の先行不使用を米露首脳に求める公開書簡への署名」について

6月16日にスイスで米露首脳会談が開かれます。それを機会に両首脳に核兵器の先制不使用を求める公開書簡を、1995年核拡散防止条約(NPT)延長会議を契機に結成された、国際核廃絶NGOネットワークの「アボリション2000」等がインターネット上で署名を募り、送ることになりました。これに、原水禁も賛同しました。   以下は、原水禁が賛同に付記したコメント。 原水爆禁止日本国民会議(原水禁)は核保有国に核兵器の先制不使用を求めてきました。今回の米ロが先制不使用宣言をするよう求める公開状を支持します。他方日本政府は、唯一の戦争被爆国にもかかわらず、核抑止力を弱めるので、アメリ

【ご紹介】福島第一からの汚染水の海洋放出に反対する米国の環境・平和・反核団体(計70団体)からの共同声明

市民団体「核のない世界のためのマンハッタンプロジェクト」の活動紹介です。原水禁大会講師など、ご協力をいただいています。 【ご紹介】福島第一からの汚染水の海洋放出に反対する米国の環境・平和・反核団体(計70団体)からの共同声明   世界環境デー(6月5日)と世界海洋デー(6月8日)に合わせて、脱原発や核廃絶に取り組んでいる市民団体「核のない世界のためのマンハッタンプロジェクト」が呼びかけ、平和・反核団体含めて幅広く70団体が賛同して、ニューヨークの日本総領事館と日本の国連代表部の方へ英語の原文と日本語に訳した共同声明を提出しました。また、声明は、経済産業省と外務省への転送を依

6/10「G7サミット直前全国アクション」実施のご案内

G7サミット直前全国アクション6/10のご案内 菅首相は、2030年の温室効果ガス目標 2013年度比46%削減と発表しました。 一方、エネルギー基本計画では、原発の新増設やリプレースに踏み込むべきという意見が多く、石炭火力さえも維持・推進する方向です。  このままでは、今はおろか、将来世代の安全な未来を守ることはできません。洪水、森林火災といった気象災害の増加や生物多様性の崩壊などの気候危機を回避できないばかりか、脱炭素社会に向けた世界の大きな潮流から、日本は取り残されてしまいます。  G7サミット開催前日の6月10日、署名提出 (原水禁が参加しているATO4NE

「―第3次原水禁エネルギー政策の提言―」全編PDFデータ公開

原水爆禁止日本国民会議(原水禁)では、各専門分野の委員の皆様にご協力いただき、東京電力福島第一原発事故以降のエネルギーを取り巻く環境の変化に対応したエネルギー政策の「提言」をとりまとました。 2021年3月に記者会見を行い、概要版を発表するとともに、国会議員へ向けて概要版の配布を行ってきました。   全編をご覧になりたい方は、以下のPDFをご覧ください。 「―第3次原水禁エネルギー政策の提言―」(PDF)20210427時点         ※書籍化にあたり、図表の整理を行っておりま

第24代高校生平和大使 【東京】選考会のご案内(随時更新)

第24代の高校生平和大使【東京】選考会のご案内   5月23日(日)午後に実施予定 延期 日時:6月27日(日) 13時受付開始、13時半開会 場所:連合会館5F 501会議室 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11 持ち物:筆記用具、同封の書類2点(右上に「要提出」と記載しています)   ※ご応募いただきました皆さまには、5月17日、選考会案内および資料をヤマトメール便にて送付いたしました。(第一弾)   高校生一万人署名活動・高校生平和大使2021報告会 https://y

4/30 17,000を超える声!「でんきの市場価格高騰の実態解明と公平なしくみを」署名提出

17,000を超える声!「でんきの市場価格高騰の実態解明と公平なしくみを」署名提出 https://power-shift.org/petiton_jepx_210430/ 2021年4月30日 パワーシフト・キャンペーン運営委員会 原水禁も参加するパワーシフト・キャンペーンは、4月30日(金)午後、17,047筆を超える署名「再エネ普及に大きなカベ?!でんき市場価格高騰の実態解明と公平なしくみを求めます」を資源エネルギー庁電力・ガス事業部 電力産業・市場室に提出しました。 ホームページでもご案内させていただきましたが、ネット署名数は、後半に大きく伸び、市民の関心の高

1 2 3 4 5 6 347