世界・原水禁の動き

2012年09月16日
(~28日)ペルシャ湾で過去最大の掃海演習が始まる。米軍主導で日本、英仏、アラブ諸国など30ヵ国が参加。
2012年09月16日
ロシアのモスクワなど50都市で反プーチンデモへ、延べ15万人が参加。
2012年09月15日
ニューヨーク・タイムズ紙がオスプレイの沖縄配備は、「古傷に塩を塗り込むものだ」と指摘。
2012年09月15日
尖閣諸島国有化に反対する中国の反対デモ、50ヵ所に拡大し日系の工場やデパートなどが襲撃される。
2012年09月15日
枝野経産相が大間原発(Jパワー)、島根原発3号機(中国電力)、東通原発1号機(東京電力)の建設計画は変更しないと語る。
2012年09月14日
エネルギー環境会議が首相官邸で開かれ、「革新的エネルギー・環境戦略」が決定される。
2012年09月14日
中国の海洋監視船6隻が尖閣諸島沖の領海内に侵入。
2012年09月13日
国際原子力機関(IAEA)理事会が、イランの核兵器疑惑に深刻な懸念を表明する決議を賛成多数で可決。
2012年09月13日
南シナ海問題の行動規範の策定に向けた、ASEANと中国との非公式の高級事務レベル会合がカンボジア・プノンペン市で開催される。
2012年09月13日
米連邦準備制度理事会(FRB)が量的緩和を決定。
2012年09月13日
リビアの米領事館襲撃でリビア捜査当局が容疑者4人を拘束。
2012年09月12日
野田政権の新しいエネルギー政策の原案判明。2030年代に「原発ゼロ」をめざすことを明記。もんじゅは研究炉に。原発立地県の反発広がる。
2012年09月12日
日本学術会議が「高レベル廃棄物の地中最終処分撤回」を提案。報告書を提出。
2012年09月11日
公正取引委員会が発送電分離が望ましいと提言。
2012年09月11日
日本学術会議が原発から出る高レベル放射性廃棄物の量を総量規制し、数十年~数百年間管理すべきだとする提言をまとめ、内閣府原子力委員会に提出。
2012年09月11日
米でイスラム教の予言者ムハンマドを中傷する映像作品が作られたことで、イスラム教徒の怒りが中東から東南アジアに広がる。
2012年09月11日
野田内閣が尖閣諸島の国有化を閣議決定。中国で反発広がり、中国の監視船が周辺海域に展開。日中で予定している行事、交流などの中止広がる。
2012年09月10日
内戦が続くソマリアで、21年ぶりにハサン・マハムード(大学教員)が新大統領に選出される。12日に新大統領狙う自爆テロ、大統領は無事。
2012年09月10日
インドのクダンクラム原発反対の漁民に、政府が「治安妨害罪」による大弾圧。警官の発砲で1人死亡、多数逮捕。抗議活動周辺地域、他州にも広がる。
2012年09月09日
野田首相と温家宝・中国国家主席が会談。国家主席が尖閣諸島の国有化に反対を表明。

TOPに戻る