世界・原水禁の動き

2012年09月24日
台湾の漁船58隻が船団を組み尖閣諸島に向け出発。巡視船も同行。25日に40隻が領海内に入る。日本の海上保安庁の巡視船が漁船と併走。
2012年09月22日
グアムで陸上自衛隊と米海兵隊が占拠された島を奪還する訓練実施。
2012年09月22日
米国がZマシンによる新型の未臨界核実験を8月に行っていたことが明らかになる。Zマシンの実験は合計6回目。
2012年09月21日
大熊町議会、「今後5年間帰村しない」とする第一次復興計画を可決。
2012年09月21日
日本の福島第一原発事故を受けて、住民が運転に反対し、警官隊との衝突で死傷者が出た、インドのタミルナド州グランクラム原発で核燃料装荷が始まる。
2012年09月21日
公正取引委員会が電力事業への新規参入を促すために、発送電の分離を提言。
2012年09月21日
中国で反日の動き広がり、日本関係の出版物、書籍の規制。日系企業で賃上げスト。
2012年09月21日
野田佳彦民主党代表(首相)、民主党代表選に再選。
2012年09月21日
仏の雑誌がイスラム教の予言者・ムハンマドの風刺絵を掲載し、イスラム圏の抗議行動広がる。パキスタン・ペシャワルではデモ隊が暴徒化、死者15人。
2012年09月21日
中国の艦船13隻尖閣諸島周辺海域に接近。
2012年09月21日
岩国米軍基地に駐機中のオスプレイが試験飛行を始める。
2012年09月19日
日本原電が六ヶ所再処置工場竣工時期を2013年10月に延期を発表。
2012年09月19日
野田首相、2030年代に原発ゼロをめざすとした「戦略的エネルギー・環境戦略」は米国をはじめ経済界などの反対によって閣議決定を行わないまま発表。
2012年09月19日
日本政府が沖縄配備予定のオスプレイに安全宣言。
2012年09月19日
原子力規制委員会・原子力規制庁が発足。
2012年09月19日
浜岡原発再稼働の是非を問う県民投票条例案を賛成意見を添付して知事、静岡県議会に提出。
2012年09月18日
柳条湖事件81周年(国恥の日)、反日デモ中国全土に広がる。訪中中のパネッタ米国防長官が梁光烈・中国国防相と会談し対話による解決を求める。
2012年09月18日
原子力安全委員会が最後の会合、福島第1原発事故を事前に防止できず「真摯に反省」。
2012年09月16日
(~28日)ペルシャ湾で過去最大の掃海演習が始まる。米軍主導で日本、英仏、アラブ諸国など30ヵ国が参加。
2012年09月16日
ロシアのモスクワなど50都市で反プーチンデモへ、延べ15万人が参加。

TOPに戻る