世界・原水禁の動き

2013年03月20日
米国が核兵器搭載可能のB-52を韓国の演習に派遣。
2013年03月09日
「つながろうフクシマ!さようなら原発大集会」に1万5千人参加
2013年03月09日
「核融合科学研究所」が計画している重水素実験に対し、関係自治体の一つである岐阜県多治見市の住民らが8日、反対する署名約3万人分を古川雅典市長に提出。
2013年03月07日
イラン外務省のメフマーンパラスト報道官。「核問題の懸念解消はIAEAとの『構造化方案』合意が前提」。
2013年03月07日
朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が「核先制攻撃の権利を行使する」とした外務省報道官声明を発表。
2013年03月01日
「被災59周年 3・1ビキニ・デー全国集会」が開催される
2013年02月26日
米連邦上院で25日、「北朝鮮の核拡散禁止法案」が口頭投票で可決。
2013年02月25日
韓国のパク・クンヘ大統領が就任のあいさつ。北朝鮮の核実験に伴う安保危機問題に大きな比重を置き、国民の安全というレベルで強く対応するとの決意を示す。
2013年02月20日
韓国のチョン・ホンウォン次期首相候補が、国会の人事聴聞会で同国の核保有に否定的な見解。
2013年02月20日
米国のソン・キム駐韓大使、北朝鮮の3回目の核実験を受け、韓国内で高まりつつある核武装論や戦略核兵器配備を求める論調に「大きな失敗になる」と述べる。
2013年02月15日
韓国国防部が、北朝鮮の核実験後に国内で核武装論が起こっていることに対し、「米戦略核兵器の配備は検討しない」と否定。
2013年02月14日
ケリー米国務長官は、北朝鮮の3回目の核実験に対し、「国際社会の不拡散の努力に脅威となる」と述べる。
2013年02月13日
国連安全保障理事会が12日、北朝鮮の3回目の核実験に対し、強く糾弾する声明を発表。
2013年02月12日
朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の朝鮮中央通信は12日、当日行った地下核実験の成功を発表。
2013年02月12日
オバマ米大統領、深夜に北朝鮮の3回目の核実験を非難する声明。
2013年02月08日
岐阜県土岐市の「核融合科学研究所」が計画する、重水素実験の是非をめぐるシンポジウムが7日、隣接する多治見市で開催される。
2012年12月15日
12.15「さようなら原発世界大集会」が開催される
2012年12月08日
「2012もんじゅを廃炉へ!全国集会」が開催される(福井県敦賀市)
2012年10月31日
関西電力が大飯原発敷地内の破水帯は、活断層でないとする従来評価を覆すデータはないとの調査中間報告。
2012年10月31日
原子力規制委員会が原子炉事故の際、避難準備区域を半径30km圏に拡大など「原子力災害対策指針」を決定。

TOPに戻る