被爆76周年原水禁世界大会原水禁大会 2021年2021年原水禁大会

【8/5~6 広島大会】被爆76周年原水爆禁止世界大会

2021年07月23日

被爆76周年原水爆禁止世界大会 8月5日~6日 広島大会

被爆76周年にあたって、改めて核兵器廃絶・脱原発・平和と民主主義を守るとりくみについて発信し、ともに学び合い、「核も戦争もない平和な21世紀を!」めざして、活動を強化していきます。広島大会の開催をとおして、運動の広がりと継承につなげていきます。

※広島大会は、完全オンライン開催となりますので、ご注意下さい。

 

◆広島大会・開会行事

日 時 2021年8月5日(木) 10:45~12:00
会 場 広島県民文化センター/広島市中区大手町1丁目5−3
中継会場 YMCA国際文化ホール/広島市中区八丁堀7−11
主 催 被爆76周年原水爆禁止世界大会実行委員会

 

YouTube配信URL

10:40~配信開始

 

◆広島大会・分科会案内

日 時 2021年8月5日(木) 14:00~16:30

分科会については、生配信は致しません。後日、分科会のまとめ動画または報告を掲載いたします。

 

第1分科会 核保有国と核保有を望む国、日本との関係

会 場 YMCA国際文化ホール
講 師 湯浅一郎(ピースデポ)、高原孝生(明治学院大学)、畠山澄子(ピースボート)
内 容 「日本に迫る危険を回避するためには、アメリカの核の傘に頼らざるをえない」という日本政府の詭弁を糾す具体的な政策として、「東北アジア非核地帯構想」が提言されています。核抑止から抜け出すために何が必要か。また、核兵器の問題を日本では、世界ではどのように捉えられているか、意識の変化の問題を含めて議論を進めます。そのほか、「核兵器の近代化」についても報告してもらいます。

 

第2分科会 気候変動と脱原発、自然エネルギーの今とこれから

会 場 ワークピア・芙蓉
講 師 末田一秀(はんげんぱつ新聞編集委員)、桃井貴子(気候ネットワーク)、

奥野 華子(Fridays for Future 広島)

内 容 2021年3月、原水禁は「原水禁エネルギープロジェクト」と題し、脱原発・脱炭素社会の実現のためのエネルギー政策提言を発表しました。プロジェクトの中で委員を務めたお二人に、脱原発、脱炭素をキーワードに大胆な政策転換が求められる理由、今後進むべき道を示してもらい、エネルギーの未来を考えます。そのほか、気候変動に問題意識を持つ若者主体のムーブメントについて、若者独自の視点で、報告してもらいます。

 

第3分科会 在外被爆者と日本の戦争責任、その歴史認識問題について

会 場 RCC文化センター
講 師 在間秀和(弁護士)、相原由奈(第15代高校生平和大使)、

井上つぐみ (第18代高校生平和大使)

内 容 戦争・被爆の問題について、歴史、制度、法律、それぞれの観点から網羅的に考えます。そこで浮かび上がる問題の一つ、「在外被爆者」をキーワードに、国外に存在する被爆者の問題を考えます。また、「被爆体験伝承」の研修について、報告をしてもらいます。

 

第4分科会 見て、聞いて、学ぼうヒロシマ

会 場 チューリッヒ東方4階
講 師 金子哲夫(原水禁共同議長)
内 容 2021年1月に核兵器禁止条約が発効しました。条約の発効は「核兵器の終わりの始まり」です。これまでどのような思いで原水禁運動が取り組まれてきたか、原水禁運動がどのような変遷をたどってきたのか。様々な角度を切り口に、原水禁運動の歴史を学びます。

 

 

◆広島大会・閉会行事

日 時 2021年8月6日(金) 9:30~10:15
会 場 広島県民文化センター/広島市中区大手町1丁目5−3
主 催 被爆76周年原水爆禁止世界大会実行委員会

 

YouTube配信URL

9:25~配信開始

 

◆開会行事・分科会資料を含めた広島大会のご案内はこちらから

広島大会/参加者配布用大会案内抜粋(word)

広島大会/参加者配布用大会案内抜粋(PDF)

分科会講師一覧表(PDF)

YouTube配信QRコード一覧表(PDF)

 

TOPに戻る