2020年原水禁大会原水禁大会 2020年当面の活動注目記事被爆75周年原水禁世界大会

被爆75周年記念事業 【高校生「平和」の作文コンクール】

2020年07月17日

被爆75周年記念事業 【高校生「平和」の作文コンクール】

 

【 高校生の皆さまに 】

今から75年前の8月6日広島に、9日長崎に、原子爆弾が投下されました。3000度とも6000度とも言われる熱線と音速を超える爆風、そして放射線によって、その年の内に21万人を超える人々が亡くなりました。ヒロシマ・ナガサキから10年を経過した、1954年3月1日、米国がビキニ環礁で核実験を行ない、日本のマグロ漁船第五福竜丸が被爆し、無線長の久保山愛吉さんが亡くなると、日本全国で核兵器廃絶の運動が広がって行きました。原水爆禁止日本国民会議は、1955年から「核と人類は共存できない」として、「平和」な世界を求めて広島・長崎の被爆者の方々とともに、核兵器廃絶・被爆者援護の運動を進めてきました。2017年には、被爆者の方々の悲願であった核兵器禁止条約が国連で採択され、現在条約発効に向けて各国が批准に努力しています。

第2次世界大戦・太平洋戦争から75年が経過しましたが、しかし、世界各地では紛争が絶えず、多くの子どもたちの命が失われています。戦火を逃れて故郷を失った子どもたちは、学習の機会を失われ、飢餓と貧困の中にいます。世界のあちこちに、戦争があり、そして、あなたの側にいじめや差別があります。私たちの人間の歴史は、その都度、無辜(むこ)の人々の命を奪ってきました。しかし、一方で人間は、どうすれば人々が豊かに幸せに暮らしていけるのかを、いつも考えてきました。原水禁の運動も、65年間、ずっとそのことを考え行動してきました。政治的対立、民族的対立、宗教的対立、資源をめぐって、食料をめぐって、様々な対立を、人間社会は克服しようとして、できないでいます。戦争のない、飢餓も貧困もない、差別もいじめもない社会、「平和」な社会をつくっていくためには、ひとり一人の命が大切にされるためには、何が必要なのでしょうか。今を生きている私たちひとり一人の思いを、言葉にしてみませんか。

 

【  高校生「平和」の作文コンクール募集案内 】

◆募集期間  2020年8月6日から9月15日(当日消印有効)

 

◆応募規定

①作文は自分の考えや体験を基にして、「平和」について考えるもので、他のコンクールなどに応募していないものとします。

②一人一作品のみ応募可とし、居住地を問いませんが、日本語で記載されたものに限ります。

③応募する方は、その時点で高等学校(全日制・定時制の別を問いません:なお定時制は4年生まで)、特別支援学校高等部、専修学校等各種学校で修業年限が高等学校と一致する生徒、高等専門学校の第3学年以下の生徒とします。年齢は問いません。

④文字数は、1200字以上2000字未満とします。

 

◆応募方法  以下の方法によることとします。

①A4版の用紙に、以下の事項を記載した応募票を、原稿につけること(様式は問いません、原水禁ホームページでダウンロードできます

  • 郵便番号・住所
  • 氏名(掲載時には本名を公表します)
  • 学校名
  • 学校住所と学年
  • 学校長名

高校生「平和」の作文コンクールの応募票はこちらからダウンロードできます。

 

②原稿は、以下の様式とします。

  • A4版 横向きの用紙を使い、ワープロやパソコンの場合は、文書スタイルを20字×30行、16ポイント程度とし、縦書きとします。
  • 自筆の場合は、400字詰め原稿用紙(A3版)に、縦書きとします。
  • 文頭に作品のタイトルと作者名を記入することとします。
  • 点字の場合は、墨字訳のうえ応募して下さい。

③原稿および応募票は、応募票を先頭にページを振って、綴じて下さい。その際、綴じの場所が原稿の右上になるようにして下さい。

④綴じた原稿は、そのまま封筒に挿入し、以下の送り先に送付して下さい。その際、封筒の大きさは問いませんが、封筒の表左に、「コンクール応募原稿」と必ず朱書きして下さい。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

送り先     〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11 連合会館内

原水禁「平和」の作文コンクール係

―――――――――――――――――――――――――――――――――

◆注意事項

①受賞作に関しては、在籍高校の校長を通じて受賞の確認を行います。

②受賞確認後、応募規定に反する場合は、受賞を取り消します。

③受賞作品の版権は、原水禁にも帰属します。

④原稿は返却されません。コピーをお取り下さい。

⑤応募規定及び応募方法をよく読んで下さい。記載漏れなどがありますと、選考の対象にならない場合があります。

 

◆主催団体  原水爆禁止日本国民会議(原水禁)

 

◆審  査  審査は以下の審査員および原水禁役員が務めます。

 

◆審 査 員  落合恵子(作家/クレヨンハウス代表)

鎌田 慧(ルポライター)

佐高 信(評論家)

 

◆賞・賞品  最優秀賞(1名)    賞状・記念品+副賞(図書カード5万円分)

審査員特別賞(3名)   賞状・記念品+副賞(図書カード3万円分)

優 秀 賞(若干名)    賞状・記念品+副賞(図書カード1万円分)

 

◆結果発表および表彰

①審査結果は、2020年10月21日、原水禁ホームページ上で発表し、作品を掲載します。

②表彰については、在籍高校を通じて行わせていただきます。

 

◆問い合わせ先     原水爆禁止日本国民会議

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11 連合会館内

問い合わせは、必ず以下のMail addressに、お願いします。電話、FAX等の問い合わせには、応じかねます。

Mail address :peace.composition@gensuikin.org

 

募集要項PDFはこちら 高校生「平和」の作文コンクール【募集要項】

 

TOPに戻る