国際シンポ

【8/6 国際シンポジウム】被爆76周年原水爆禁止世界大会

2021年07月24日

被爆76周年原水爆禁止世界大会 8月5日 国際シンポジウム

 

原水禁大会では、これまでにも海外からゲストを招致し、海外の事例を検討し、日本がどのように政策を進めていくべきか、議論を重ねてきました。

2021年「被爆76周年原水爆禁止世界大会」では、これまでにも議論されることが多かった核兵器課題のみならず、脱原発・エネルギー政策課題の二つのシンポジウムを開催します。

パネリストプロフィールのほか、コーディネーターを務める藤本泰成原水禁共同代表が作成した「キーノート」(国際シンポジウム開催にあたって共有すべき課題)は、当該ページの下部にPDF、wordで掲載していますので、是非、ご覧ください。

※パネリストのプレゼンテーション資料につきましては、日本語、英語で、現在作成中です。

 

 

国際シンポジウムⅠ(核兵器課題) 「核なき世界~被爆の日に願う~」

日 時 2021年8月6日(金) 10:30~12:30
会 場 広島県民文化センター/広島市中区大手町1丁目5−3
配 信 YouTube原水禁チャンネル
主 催 被爆76周年原水爆禁止世界大会実行委員会
登壇者 コーディネーター:藤本泰成(原水爆禁止日本国民会議共同議長)

パネリスト:秋葉忠利(原水爆禁止日本国民会議顧問)

ケビン・マーチン(アメリカ・ピースアクション)

グレゴリー・カラーキー(アメリカ・憂慮する科学者同盟)

内 容 アメリカでバイデン政権が成立し、新STARTの延長など、世界は核軍縮に向かっているかのように見える。しかし、一方で、イギリスの核増強、中国の台頭、イラン核合意の行方など、現実は厳しさを増している。そのような中、唯一の戦争被爆国・日本はどうすべきか。日本がアメリカの同盟国である以上、東アジアの非核化を実現するためには、米中対立を避けて通れない。核廃絶に向けて、日本、アメリカ、中国の動きを中心に考えていきます。

 

 

YouTube配信URL

10:25~配信開始

 

 

国際シンポジウムⅡ(脱原発・エネルギー政策課題)「原発事故から10年~エネルギー政策転換~」

日 時 2021年8月6日(金) 16:00~18:00
配 信 YouTube原水禁チャンネル
主 催 被爆76周年原水爆禁止世界大会実行委員会
登壇者 コーディネーター:藤本泰成(原水爆禁止日本国民会議共同議長)

パネリスト:松原弘直(環境エネルギー政策研究所(ISEP)理事)、

Stefan Wentzel(ドイツ・緑の党)、

金賢雨(韓国・脱核新聞運営委員長)

基調提起:武藤類子(福島原発告訴団代表)

内 容 国際社会に先駆けて「脱原発」という課題に向き合ってきたドイツと、日本同様に米国の影響の下、原発社会を構成してきた隣国の韓国からゲストを迎え、福島原発事故の反省にたって、今日本の進むべき道がどのようなものかを考えていきます。

 

 

YouTube配信URL・QRコード

15:55~配信開始

 

 

 

◆パネリストプロフィールやキーノートを含めたご案内はこちらから

国際シンポジウム/参加者配布用大会案内抜粋(PDF)

国際シンポジウム/参加者配布用大会案内抜粋(word)

YouTube配信QRコード一覧表(PDF)

※パネリスト資料(日本語、英語)は後日掲載いたします。

 

 

 

TOPに戻る