パワーシフトキャンペーン

ネット署名「再エネ普及に大きなカベ?!でんき市場 価格高騰の実態解明と公平なしくみを求めます」 のとりくみについて

2021年04月27日

ネット署名「再エネ普及に大きなカベ?!でんき市場価格高騰の実態解明と公平なしくみを求めます」のとりくみについて

2020年12月下旬から1月中旬にかけ、電力の市場価格が異例の高騰となりました。原因のひとつは天然ガスの在庫不足でしたが、エリア間の融通などにより「日本全体での電力不足」は回避さ
れました。一方で、大手電力などから電力市場への供給量がしぼられたことで、電力市場価格が高騰しました(*1)。また市場価格に連動しているFIT電気の仕入れ価格も高騰し、その打撃を一番
受けたのが、再エネ新電力や地域新電力でした。この状況下で「やはり原発が必要」「石炭火力さえも必要」という声が、産業界からあがっています。
しかし、これは本末転倒です。エネルギー使用量大幅削減を前提に、さまざまなかたちの再生可能エネルギーこそを、もっと導入してリスクを回避していくことが、今求められています。また、大手電力会社と新電力、とくに再生可能エネルギー供給をめざす新電力との間に大きな格差、不平等な状況があり、「電力システム改革」のなかでも、むしろこの格差が温存・拡大される
制度がつくられています。
持続可能な再生可能エネルギー社会への方向転換を要請するべく、原水禁も参加するパワーシフト・キャンペーンは、経済産業省資源エネルギー庁電力・ガス事業部電力産業・市場室と、4
月30日にオンライン意見交換会を開催することとなりました。意見交換会に合わせ、「3項目の要請」を記載したネット署名を提出致します。
つきましては、大変短い期間ではありますが、ぜひネット署名へのご協力をお願い致します。

 

1.ネット署名「再エネ普及に大きなカベ?!

でんき市場価格高騰の実態解明と公平なしくみを求めます」

(1)要請先:内閣総理大臣および行政改革担当大臣

(2)要請項目
① 今回の電力市場価格高騰の実態解明と、再発の防止を求めます
電力市場価格高騰の原因は、市場の未成熟にあったと考えられます。データをすべて公開し、実態の解明を行い、再発防止のための施策を徹底してください。
② 消費者に不公平がないように、何らかの緊急対応を

電力市場価格高騰により、一部の消費者や再エネ新電力会社に極端な負担が出ています。対処をすべて電力会社に負わせるのではなく、政府としても何らかの緊急対応を行ってください。
③ 再エネ拡大につながる電力システム改革を
現状の不公平な電力制度は、再エネ新電力に大きな打撃を与えており、今後再エネの拡大を阻害することが懸念されます。再エネ拡大につながるかたちへ、電力システム改革のあり方を再度見直してください。

(3)呼びかけ団体:パワーシフト・キャンペーン運営委員会

(4)締め切り:2021年4月30日(金)10:00

(5)ネット署名URL: http://chng.it/K2gpsLZcZh

 

(*1)電力市場価格は通常は平均で10円程度、高くなる時間帯でも50円程度でしたが、2021年1月中旬には、250円を超える時間が発生するほど高騰しました。

<署名!>再エネ普及に大きなカベ?!でんき市場価格高騰の実態解明と公平なしくみを求めます

2月5日《パワーシフトキャンペーン緊急企画!》を開催しました。

2021年03月12日

原水禁が運営団体として参加するパワーシフトキャンペーンが、2月5日、緊急企画として、「なんでこんなに高くなった!?電気市場価格 高騰の裏側トーク」を開催しました。
2021年に入り、急激なJPEX市場の電力価格が上がりました。
2016年に電力市場が自由化して以降、今回のような急激な価格上昇は、世界的に見ても異常事態だといえます。
20時からのオンラインイベントではありましたが、300人以上が視聴し、今回の問題への注目の高さがうかがえました。

「今冬の電力逼迫の懸念と電力市場価格高騰問題」をテーマに、京都大学大学院特任教授の安田陽さんの講演から始まりました。
データの相関関係を分析し、電力需要のひっ迫時以外に、「市場の動きがおかしかった」と明らかに異様な事態であったことを指摘しました。
メディアでは、価格高騰はLNG不足に起因していると報道があったことにもふれ、「LNG在庫が減っているのは確か」であっても、「それが原因」とはいえないとしました。
また、「今回のような事態が起きたからといって、原発が必要だという話にはならない」と講演を結びました。

 

 

「再エネ新電力への影響」について、竹村英明さん(グリーンピープルズパワー代表取締役社長)と三宅さん(みんな電力)が、それぞれ電気の販売の面から、今回の価格高騰に直面しての苦労を話しました。

また、「節電の知恵と工夫」をテーマに、斎藤健一郎さん(朝日新聞be編集部記者)が自身の生活の中ので工夫を紹介しました。

最後に、パワーシフトアンバサダーでもある、アーティストのKOM_Iさんが、参加してのコメントをし、終了となりました。

引き続き、原水禁は、パワーシフトキャンペーンに参加し、より良いエネルギーの在り方を求めていきます。

 

2月5日《パワーシフトキャンペーン緊急企画!》なんでこんなに高くなった!?でんき市場価格 高騰の裏側トーク

 

2月5日《パワーシフトキャンペーン緊急企画!》なんでこんなに高くなった!?でんき市場価格 高騰の裏側トーク

2021年02月04日

原水禁も参加するパワーシフトキャンペーンでは、これまで再生可能エネルギーを扱う新電力会社への切り換えを進めてきました。しかし、2021年1月、電気代の市場取引価格が高騰する出来事が起こりました。

そもそも電力市場の制度設計に問題があるといえます。

《緊急企画!》なんでこんなに高くなった!?でんき市場価格 高騰の裏側トーク

再エネ電力会社の電気代が上がると言われているけど本当⁉️
再エネチャレンジ考えてたのに大丈夫⁉️
そんなみなさんの不安の声から緊急企画❗️

電気料金のカラクリと、なぜこんなに電力市場での値段が上がっているのか❓
電力市場にどんな課題があるのか❓できることは❓

 

安田先生、再エネ電力会社とパワーシフト・キャンペーンが徹底解説❗️
ぜひふるってご参加ください😌

◆日時: 2021年2月5日(金)20:00~21:30

◆会場: ZOOMによるオンライン開催
こちらよりご登録ください(直前まで登録可)
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_JXTKtBPYS7Kd5ZBGMKReIw

◆対象: 気候変動やエネルギーに興味がある人、再エネ電力会社の利用者、再エネを応援したい人

◆参加費: 無料/寄付金募集

◆プログラム:
・今冬の電力逼迫の懸念と電力市場価格高騰問題
安田陽さん(京都大学大学院 経済学研究科 特任教授)
・再エネ新電力への影響
竹村英明さん(グリーンピープルズパワー代表取締役社長)
ほか (調整中)
・節電の知恵と工夫
斎藤健一郎さん(朝日新聞be編集部記者)
・コメント KOM_Iさん(歌手・アーティスト)
・質疑応答とまとめ
司会:吉田明子(パワーシフト・キャンペーン/FoE Japan)

 

◆ゲスト:
◎ 安田陽さん
京都大学大学院 経済学研究科 再生可能エネルギー経済学講座 特任教授
1989年3月、横浜国立大学工学部卒業。1994年3月、同大学大学院博士課程後期課程修了。博士(工学)。同年4月、関西大学工学部(現システム理工学部)助手、専任講師、准教授を経て2016年9月より現職。専門分野は風力発電の耐雷設計および系統連系問題。現在、日本風力エネルギー学会理事、IEC/TC88/MT24(国際電気標準会議 風力発電システム第24作業部会(風車耐雷))議長など、各種国際委員会専門委員。主な著作として「世界の再生可能エネルギーと電力システム」シリーズ(インプレスR&D)、翻訳書(共訳)として「風力発電導入のための電力系統工学」(オーム社)など

◎  竹村英明さん
広島生まれ。議員秘書、ISEP、飯田市おひさま事業の実践を経て、現在は発電会社「イージーパワー」と電力小売「グリーンピープルズパワー」代表取締役。緑茶会代表。NPO法人市民電力連絡会理事長。https://twitter.com/takemurahideaki?s=21

◎  斎藤健一郎さん
朝日新聞be編集部記者
1974年、東京都小金井市生まれ。中央大学総合政策学部卒業後、ドキュメンタリー制作会社「テムジン」を経て、朝日新聞へ。
福島・郡山支局員の時に東日本大震災に遭い、借家が半壊。東京電力福島第一原発事故で被災者になった経験から、電力会社の電気に極力頼らない「5アンペア生活」をはじめ、月の電気代200円以下で暮らせるようになる。
2019年から八ケ岳南麓で、空き家をエコハウスにリノベーションする「ほくほく」プロジェクトをスタート。エネルギーの完全自給を目指す。
節電の暮らしの過程を朝日新聞、朝日新聞デジタルで不定期連載中。著書に「本気で5アンペア 電気の自産自消へ」(コモンズ)、「5アンペア生活をやってみた」(岩波ジュニア新書)
記者ページ:http://www.asahi.com/sns/reporter/saito_kenichiro.html
Twitter: @kenichiro_saito
https://www.asahi.com/rensai/list.html?id=1155&iref=pc_extlink

◎  KOM_Iさん パワーシフトアンバサダー
歌手・アーティスト。1992年生まれ、神奈川育ち。ホームパーティで音楽活動の勧誘を受け歌い始める。「水曜日のカンパネラ」のボーカルとして、国内だけでなく世界中のフェスに出演、ツアーを廻り、その土地や人々と呼応しながらライブパフォーマンスを創り上げている。
好きな食べ物は南インド料理。趣味は世界各地に受け継がれる祭祀や儀礼を見学すること、唄や踊りを習うこと。
音楽活動の他にも、モデルや役者、ナレーターなど、様々なジャンルで活動している。
2019年4月に屋久島からインスピレーションを汲み上げながらプロデューサーにオオルタイチを迎えて制作したEP「YAKUSHIMA TREASURE」をリリース。同名のプロジェクト「YAKUSHIMA TREASURE」のワンマンライブ映像がYouTubeにて公開中!https://youtu.be/1WebgKhK9Ko

司会:
◎  吉田明子
2007年より「FoE Japan」スタッフとして、廃棄物削減、気候変動を担当。11年3月の福島第一原発事故以後、福島に関する活動やエネルギーシフトに向けた活動に携わる。3・11後にできたネットワーク「eシフト」事務局、15年に「パワーシフト・キャンペーン」をスタート。

◆主催:
パワーシフト・キャンペーン運営委員会
〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9(FoE Japan内)
03-6909-5983 info@power-shift.org

ホーム

 

併せて、こちらもご覧ください。

電力市場価格高騰で、再エネ系新電力が危機的状況!消費者としては何ができるの?

 

 

TOPに戻る