新着情報

政府の気候・エネルギー対策の強化を求めるキャンペーン 「あと4年、未来を守れるのは今」開始

政府の気候・エネルギー対策の強化を求めるキャンペーン「あと4年、未来を守れるのは今」開始  私たちの未来を守るために 残された時間はあと4年 http://ato4nen.com/  どんどん激しくなる異常気象や増える自然災害に危機感を覚えていませんか? 地球の将来を想像して、不安に感じないでしょうか? 私たちがいま普通に暮らしているこの瞬間も、地球の気温上昇はジリジリと加速しています。 そして、これまで長い間、科学者たちが警告してきた、人間や他の生き物たちが今まで通りに暮らせない未来が、すぐそこまで迫っているのです。 こ

政府の気候・エネルギー対策の強化を求めるキャンペーン 「あと4年、未来を守れるのは今」開始に向けた記者発表のご案内

原水禁として、2021年のエネルギー基本計画改定に向け、提言書を作成すべく「原水禁エネルギープロジェクト」を進めています。 その一方で、環境問題に取り組む多くの団体とともに、エネルギー基本計画に向けたキャンペーンを行うこととなりました。 キャンペンーン開始に向けた記者発表が行われますので、ご案内いたします。   ※当日は、多くの皆様に見ていただけるようにYoutubeライブ配信を行います。 https://www.youtube.com/user/FoEJapan     【登壇者続々決定!】政府の気候・エネルギー対策の

大飯原発設置許可取り消しの判決を真摯に受け止め、直ちに廃炉を選択せよ

 12月4日、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の耐震性を巡り、安全審査基準に適合するとした原子力規制委員会(規制委)の判断は誤りだとして、福井県など11府県の住民127人が設置許可の取り消しを求めた裁判で、大阪地裁(森鍵一裁判長)は、設置許可を取り消しました。地震による原発事故の懸念に目を向けた画期的な判断で、判決では、新規制基準に基づく原子力規制委員会の判断には「看過しがたい、過誤・欠落がある」と、その誤りを強く糾弾し、国の安全審査に疑問を突きつけました。 今回の判決を受け、原水禁として声明を発しましたので、ここに掲載いたします。    

12月5日~6日、高校生平和大使「ヒロシマ研修」を実施

12月5日~6日、高校生平和大使「ヒロシマ研修」を実施 12月5日~6日、全国16都道府県、28人の平和大使が広島市に一堂に会し、「ヒロシマ研修」を開催しました。 例年であれば、6月に広島研修、8月に長崎研修を実施し、8月後半に欧州訪問を行っています。しかし、2020年はコロナ禍にあり、思うような活動ができていませんでした。 今回、感染症対策を徹底し、半年遅れての顔合わせとなりました。 「ヒロシマ研修」は、高校生平和大使派遣委員会の小早川共同代表の「本日を迎えられてよかった」と開会のあいさつから始まりました。 その後、広島平和記念資料館元館長の原田浩さんが、「

12月13日 止めよう!六ヶ所再処理工場  新“原告”募集の集会、開催します!

止めよう!六ヶ所再処理工場 新“原告”募集の集会、開催します!    六ヶ所再処理工場の行政訴訟を担ってきた核燃サイクル阻止一万人訴訟原告団が、新たに“原告”を募集いたします。  1993年の提訴(青森地裁)以来、27年間111回の口頭弁論が行われ、青森県民を中心とする原告団・弁護団と被告の国と日本原燃の論争が続いてきました。2011年の福島第一原子力発電所事故を契機に作成された「新規制基準」は、核燃料サイクル施設に対しても重大事故対策を義務付けています。この「新規制基準」に対応した事業変更許可処分が2020年7月に行われ、裁判の審理の内容も大きく変わることにな

12月1日、さようなら原発1000万人アクション―市民と議員の意見交換会を実施

12月1日、さようなら原発―市民と議員の意見交換会を実施 原水禁が事務局を務める「さようなら原発1000万人アクション」実行委員会は、この間、国会会期ごとに「原発ゼロ基本法案」を共同提案した立憲野党との意見交換を重ねてきました。 今臨時国会でも、「原発ゼロ基本法案」の審議や原子力政策に関わる様々な課題について議論を諮っていただきたくため、12月1日、衆議院第一議員会館 大会議室において、立憲野党議員との意見交換会を開催しました。 会場参加者のほか、オンライン配信の視聴者も含め、多くの市民が参加しました。 「でたらめな原子力政策を、国会で多数を占めて、変えていこう」と、さよう

12月1日 福島課題に関する立憲野党との意見交換会を行います

12月1日 福島課題に関する立憲野党との意見交換会を行います 10月中に予定されていた政府関連閣僚会議による福島汚染水放水決定は、強い反対を受けて延期されていますが、予断は許されない状況が続いています。 政府による独断的な決定を許さないように、立憲野党への要請を行うため、院内集会を行います。   ◆当日はツイキャス配信致します。こちらのツイート画面からご視聴いただけます。 開会5分前から、配信を開始いたします。     https://twitter.com/sayonara_n2011  

海外での「トリチウム汚染水海洋放出反対する原水禁からの呼びかけ」についてご紹介

海外での「トリチウム汚染水海洋放出反対する原水禁からの呼びかけ」についてご紹介 海外のNGO団体 Betond Nuclear International が、原水禁が呼びかける「トリチウム汚染水放出反対」のキャンペーンの全文を掲載し、取り組みを紹介してくれています。 ホームページの掲載など、キャンペーン開始から数日で、海外各地から「No radioactive water dump!」の声が数多く届けられています。 今回のキャンペーンでは、原水禁大会でも講師を務めていただいた「核なきマンハッタン計画」の井上まりさんにもご協力いただいています。  

「トリチウム汚染水の海洋放出に反対する署名」提出報告

「トリチウム汚染水の海洋放出に反対する署名」提出報告   全国の多くの皆様のご協力により、沢山の署名を提出する事が出来ました。 ありがとうございました。 現在もなお、署名が届いておりますので、更に積み上げて第3回目の署名提出を計画して参りたいとと思っております。 経済産業省への署名提出の様子は、「2020原発のない福島を!県民大集会」ホームページでご覧いただけます。 ⇒こちらをクリック             「トリチウム汚染水の海洋放出に反対する署名」 2020年8月27日提出済 203,