久保山愛吉

被災67周年3.1ビキニデー全国集会 墓前祭を開催

2021年03月01日

 3月1日、「コロナ禍」を考慮し、8名の参加で、「被災67周年3.1ビキニデー全国集会 墓前祭」を静岡県焼津市の弘徳院で開催しました。

 墓前祭は、主催者あいさつ、地元あいさつ、読経、献花・焼香、と滞りなく行われました。

 第五福竜丸が被災した当時、日本国内では、陸揚げされた魚を廃棄処分する様子が連日報道され、国民全体に大きなショックを与えました。

その中から、原水爆の禁止を求める署名運動が始まり、現在の原水爆禁止日本国民会議(原水禁)が発足しました。

原水禁運動の原点と言える「3.1ビキニデー」を毎年継続して開催し、ビキニ事件を「風化」させることなく、今後もとりくんでいく決意を確認する墓前祭となりました。

 

「被災67周年3.1ビキニデー全国集会」 の開催について

2021年02月18日

日本の原水禁運動が誕生した直接のきっかけであり、原水禁が毎年開催してきた「3.1ビキニデー集会」を今回はコロナ禍の現状を考慮し、オンラインで開催致します。

あの日から67年。1954年3月1日、アメリカがビキニ環礁で水爆実験を行いました。付近で操業していた静岡県焼津のマグロ漁船・第五福竜丸をはじめ多くの漁船に「死の灰」が降りかかりました。乗組員の方々が放射線障害にかかり、厳しい生活を余儀なくされ、亡くなられていきました。
「当時は、毎日陸揚げされた魚の放射能が測定され,次々に廃棄処分されました。この様子は連日報道され、国民全体に大きなショックを与えました。こうした中で、原水爆の禁止を求める署名運動が始まり、それはたちまち野火のように全国に燃え広がりました。このような流れの中、1955年9月16日、原水爆禁止日本協議会【現在の原水爆禁止日本国民会議(原水禁)】は発足しました。広島・長崎の被爆者の原爆をなくせという声と悲惨な被爆の実態が、この署名運動の過程を通じて国民に伝えられ理解されていきました。ビキニの被災によって巻き起こった『死の灰』への恐怖に、広島・長崎の悲惨な状況を知ることによって強まった反戦感情が結びついて、強力な原水禁運動として爆発した」と書籍「開かれた『パンドラの箱』と核廃絶へのたたかい 原水爆禁止日本国民会議編」に記されています。

「3.1ビキニデー集会」オンライン開催

(1)日時:3月1日(月)18:00~19:30

(2)内容:
① 主催者あいさつ
② 地元・原水禁静岡あいさつ
③ 講演「知らなかった、ぼくらの核  詩人といっしょに考える、禁止したいものベスト10!」
講師:アーサービナードさん
④ 地元・原水禁静岡からの報告
⑤ 集会アピール

YouTube「原水禁チャンネル」にてライブ配信いたします。

◆「原水禁チャンネル」のURL
https://www.youtube.com/channel/UCE9kPbD9CrNxSe9eF54nz3Q

◆3,1ビキニデー集会のライブ配信URLは以下の通りです。
https://youtu.be/K1zP_aXtqZI

◆チラシはこちら(講演のタイトル変更となっています)
2021被災67周年3・1ビキニデー全国集会チラシ第4バージョン

 

被災67周年3.1ビキニデー全国集会に寄せられたメッセージはこちら

集会では、時間の関係で、読み上げることができません。こちらでご確認ください。

静岡県知事メッセージ 被災67周年ビキニデー(PDF)

静岡市長メッセージ 被災67周年ビキニデー(PDF)

焼津市長メッセージ 被災67周年ビキニデー(PDF)

 

被災67周年3.1ビキニデー全国集会

配信のトラブルがあり、集会本編で公開することができませんでしたので、こちらで公開いたします。

原水禁議長挨拶

静岡県報告 高校生平和大使・長崎派遣高校生代表

 

TOPに戻る