さようなら原発 - 原水禁

6月30日『さよなら!志賀原発 全国集会in金沢』開催 のご案内

2024年05月07日

原水禁が事務局として参加するさようなら原発1000万人アクションが、さよなら!志賀原発ネットワークと共催で以下の集会を開催いたします。

1.6.30『さよなら!志賀原発 全国集会in金沢』
■日 時 2024年6月30日(日)12:00 ブース開設
13:00 オープニングイベント
14:00 集会
15:30 パレード
■場 所 いしかわ四高記念公園(石川県金沢市広坂2丁目2)
■主 催 さよなら!志賀原発ネットワーク
■共 催 さようなら原発!1000万人アクション
チラシはこちら

2.集会開催への賛同にご協力お願いします。(賛同金の要請はありません)
賛同呼びかけ文書はこちら
■実行委員会連絡先 メールはこちら

※新聞意見広告への取り組みについては、集会チラシをご確認ください。

3月23日「Stop!女川原発再稼働 さようなら原発全国集会in宮城」が開催されました(5/16 FW動画追加)

2024年04月04日

3月23日、全国各地から1000人が集まり、「Stop!女川原発再稼働 さようなら原発全国集会in宮城」が開催されました。

集会の様子については、共催団体であるさようなら原発1000万人アクションのウェブサイトに掲載がありますので、そちらをご覧ください。

3月23日、「Stop!女川原発再稼働 さようなら原発全国集会in宮城」が開催されました

集会アピール(PDF)

また、本集会には「東北電力は女川原発2号機の再稼働を中止せよ!」を合言葉に、集会への賛同を広く呼びかけ、全国238団体から賛同をいただきました。

3.23集会への協賛団体(PDF)

 

なお、集会翌日の3月24日には、原水禁独自に女川原発・女川地区の被災地をめぐるフィールドワークを行いました。

女川原発・女川地区の被災地をめぐるフィールドワーク(報告動画

3月20日、「3.20さようなら原発全国集会」を開催しました

2024年04月01日

3月20日、代々木公園で、さようなら原発1000万人アクション実行委員会が主催する「3.20さようなら原発全国集会」が開催され、6000人が集まりました。

集会の様子については、主催であるさようなら原発1000万人アクションのウェブサイトに掲載がありますので、そちらをご覧ください。

3月20日、「さようなら原発全国集会」を開催しました。

当日配布のプログラムはこちら

 

STOP!女川原発再稼働「さようなら原発全国集会in宮城」開催のご紹介

2024年02月28日

3月23日に宮城県仙台市にて、STOP!女川原発再稼働「さようなら原発全国集会in宮城」が開催されますので、ご紹介します。

チラシはこちら

STOP!女川原発再稼働「さようなら原発全国集会in宮城」

日 時 2024年3月23日(土)14:00~15:00(終了後、仙台駅前までアピール行進)

ところ 勾当台公園市民広場(仙台市役所前)

主 催 さようなら原発みやぎ実行委員会 mailto:hag07314@nifty.ne.jp

共 催 さようなら原発1000万人アクション

 

フクシマを忘れない!原発再稼働を許さない!汚染水を流すな!3.20さようなら原発全国集会

2024年01月26日

原水禁が参加・協力する「さようなら原発1000万人アクション」が、3月20日、「さようなら原発全国集会」を行いますので、ご紹介します。

 

当日配布予定のプログラムはこちら プログラム、ブース出店、デモコース等を記載しています(3/14掲載)

フクシマを忘れない!原発再稼働を許さない!汚染水を流すな!3.20さようなら原発全国集会

 

 

日時:3月20日(水・休日) 13:00開会/14:45終了/15:00デモ行進
場所:代々木公園B地区イベント広場・野外ステージ・けやき並木
(JR山手線「原宿駅」、東京メトロ千代田線「明治神宮前駅」、千代田線「代々木公園駅」、小田急線「代々木八幡駅」下車)
内容:
11:00ブース開店
13:00オープニングライブ 松元ヒロさん
13:30トークライブ(落合恵子さん/鎌田慧さん ほか)
福島課題(東電告訴団、フクシマ連帯キャラバン)
原発再稼働課題(①能登半島地震と志賀原発②東海第二原発再稼働と避難問題③女川原発再稼働と「さようなら原発in宮城集会」)
14:45集会終了
15:00デモ行進(原宿コース、渋谷コース)

チラシはこちら

*代々木公園内で「脱原発バザール」(出店ブース)あり。
出店希望団体は、「さようなら原発」のウェブサイトをご覧ください。

主催:「さようなら原発」一千万署名 市民の会
(呼びかけ人:落合恵子/鎌田慧/古今亭菊千代/澤地久枝/武藤類子)
事務局 さようなら原発1000万人アクション実行委員会
東京都千代田区神田駿河台3-2-11連合会館1F原水禁(TEL:03-5289-8224)

*「さようなら原発」ウェブサイト
http://sayonara-nukes.org/(「さようなら原発」で検索)

4月13日「放射能汚染水を流すな!緊急抗議行動」を開催しました

2021年04月21日

首相官邸前に320人!放射能汚染水を流すな!緊急抗議行動

13日に汚染水の海洋放出が閣議決定されましたが、これに抗議する緊急集会が同日12時から官邸前で開かれ約320人が集まりました。

詳しくは、以下の「さようなら原発1000万人アクション」のホームページでご確認ください。

福島原発の放射能汚染水海洋放出に抗議 ―さようなら原発1000万人アクションが官邸前で集会―

 

「緊急行動決議文」(PDF) さようなら原発1000万人アクション

抗議行動プラカード(PDF) イラスト 高城章次

福島連帯メッセージ全文(PDF) 原発のない福島を!県民大集会 実行委員長 角田 政志

 

放射能汚染水を流すな!緊急抗議行動について

3月9日、さようなら原発実行委員会が、立憲野党との意見交換会を実施

2021年03月10日

※YouTube動画公開しました(3/16)https://youtu.be/zu0Zi2OuCOg

3月9日、原水禁が事務局を務める「さようなら原発1000万人アクション」実行委員会が立憲野党との意見交換会を行いました。

  

 

実行委員である藤本泰成原水禁副議長の挨拶で始まり、3月5日のうちに各政党へ提出した要請書を基に、意見交換、質疑応答が行われました。

委員会や本会議の合間を縫って駆けつけてくれた議員の皆さんへ、原発ゼロ基本法の制定への議論を進めるように要請しました。

引き続き「さようなら原発1000万人アクション」として、脱原発にむけて働きかけていきます。

2021.3.9政党要請書(PDF)

 

■さようなら原発と立憲野党との意見交換会

  日 時  3月9日(火)15:00~

  場 所  衆議院第一議員会館多目的ホール

  出席政党・議員

  立憲民主党 山崎誠衆議院議員、

  日本共産党 笠井亮衆議院議員、

  社会民主党 福島みずほ参議院議員、

  沖縄の風 伊波洋一参議院議員、

  れいわ新選組 辻村ちひろ衆議院東京都第8区総支部長

  内 容  原発ゼロ基本法や喫緊の原子力課題について国会で論議していただけるよう要請します。

  主 催  さようなら原発1000万人アクション実行委員会

       千代田区神田駿河台3-2-11連合会館1F 原水禁気付

 

3月5日、さようなら原発1000万人署名を提出しました

2021年03月10日

署名提出、関係省庁への交渉の様子を収録した動画を公開しました。https://youtu.be/6e3cmBNk97o

 

原水禁が事務局を務める「さようなら原発1000万人アクション」が、福島原発事故から10年を迎える節目に、署名の第3次提出を行いました。

これまでの累計で、8,811,877筆となりました。

呼びかけ人の鎌田慧さん、藤本泰成原水禁副議長から、立憲民主党の山崎誠衆議院議員へを署名が手渡されました。

署名提出の会場には、経済産業省、環境省、文部科学省の職員が計10人が出席し、提出にあたって、脱原発に向けた取り組みの要請も行いました。

 

■さようなら原発1000万人署名第3次提出

  日 時  3月5日(金)

  場 所  衆議院第一議員会館多目的ホール

  現時点  432,877筆(合計8,811,877筆)

  出席者  鎌田慧(呼びかけ人・ルポライター)、藤本泰成(さようなら原発実行委員会事務局・原水禁副議長)

  提出先  内閣府、衆参両議長宛て

  要請項目 さようなら原発 要請事項(PDF)

  交渉先  経済産業省、環境省、文部科学省

 

12月1日、さようなら原発1000万人アクション―市民と議員の意見交換会を実施

2020年12月02日

12月1日、さようなら原発―市民と議員の意見交換会を実施

原水禁が事務局を務める「さようなら原発1000万人アクション」実行委員会は、この間、国会会期ごとに「原発ゼロ基本法案」を共同提案した立憲野党との意見交換を重ねてきました。
今臨時国会でも、「原発ゼロ基本法案」の審議や原子力政策に関わる様々な課題について議論を諮っていただきたくため、12月1日、衆議院第一議員会館 大会議室において、立憲野党議員との意見交換会を開催しました。
会場参加者のほか、オンライン配信の視聴者も含め、多くの市民が参加しました。

「でたらめな原子力政策を、国会で多数を占めて、変えていこう」と、さようなら原発1000万人アクションの呼びかけ人である鎌田慧さんが、主催者挨拶を行いました。

「福島第一原発の汚染水問題」について、原子力資料情報室の伴英幸さんが問題提起し、汚染水海洋放出の危険性を訴えました。

続いて、各政党からの発言となり、会場に到着した順番に発言をいただきました。


第180回国会に提出された脱原発基本法案(原発ゼロ法案)は、提出から2年9カ月もたなざらし状態にあります。与党の審議拒否が続いているだけではなく、来年改訂される「エネルギー基本計画」が原発回帰にならないように取り組んでいく旨の発言を、それぞれの議員からいただきました。

発言順は以下の通りです。

山崎誠さん 立憲民主党/「原発ゼロ基本法」事務局
笠井亮さん 日本共産党
福島みずほさん 社会民主党
辻村ちひろさん れいわ新選組(党代表・東京8区総支局長)
大河原雅子さん 立憲民主党
伊波洋一さん 沖縄の風

集会の時間が限られた中で行われた意見交換では、「老朽原発を止めることこそ、原発をなくすことにつながる」という意見が出されました。

最後に、「国会の活動と大衆活動をつなげていく」と呼びかけ人の鎌田慧さんの閉会あいさつで、集会は終了となりました。

なお、集会の様子は、さようなら原発1000万人アクションのツイキャスにて、録画をご覧いただけます。

動画はこちらから→ https://twitcasting.tv/sayonara_n2011/movie/654114617

 

原水禁は、汚染水海洋放出の問題について、日本のみならず、これまでともに原水禁活動を行ってきた海外の活動家・団体に、「汚染水放出を止めるため」のキャンペーンを呼び掛けています。
結論ありきの議論にさせないためにも、引き続き、海外とも協力し、取り組みを強めていきます。

[Please share this widely] “Say NO to the dumping of Fukushima’s radioactive water to the Pacific Ocean!”

海外での「トリチウム汚染水海洋放出反対する原水禁からの呼びかけ」についてご紹介

TOPに戻る